平凡花子の場合、「保護者対応」

○保護者対応~保護者にも心を寄せて~
 保護者にとって耳の痛いことを言わなければいけない場面はあります。でも。
 ①しつけのせいではないことは、案外多い(本児の素質、性格、障害など)
 ②保護者も自分自身の人生をなんとか生きている存在である
 この2点を頭に入れていると、いざ保護者を目の前にしたとき教師側から出る言葉が違ってきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です